ご挨拶

和菓子 神田 亀澤堂

創業1905年、神田神保町の小さな和菓子屋です。
初代「辰五郎」は神田のこの地に亀澤堂を創業しました。
妻の「すゑ」とともに身近で美味しい和菓子屋として親しまれてきました。
そんな亀澤堂には多くのお弟子さんも集い、大正から昭和初期にかけては
神保町の本家から全国にのれん分けした亀澤堂が十数軒もありました。

現在、良質の材料を使い身体にやさしい和菓子を作り販売しています。
豆大福、どらやき、季節の生和菓子が人気です。

                 四代目店主  帆刈武彦 

どらやき

どら焼き 亀澤堂の100年受け継がれてきた伝統の味。

こだわり抜いて厳選した小豆を使った程よい甘味の粒あんを、ふっくら生地でつつみ、
見た目からも美味しさが伝わってくる亀澤堂のどら焼きです。じっくり手間ひまかけて
作られたこだわりの逸品です。

大福

大福 「美人だけど気さく」な人気者

豆大福といえば赤えんどう豆が一般的だが、白い柔肌にうっすらと見えるのは、大豆。
このふっくら感と、上品なあんこが落ち着きのある味を生み出しています。
他ではなかなか味わえない白豆を使った大福をお楽しみ下さい。

新着情報

2018.1.20

季節の和菓子
「桜もち」始めました